中高年に多い腰部脊柱管狭窄症|腰が気になったら注意のシグナル

腰痛

椎間板の歪みを治す方法

腰痛

重労働や加齢による腰の負担で、腰椎椎間板ヘルニアになる人は増えていますし、治療の需要も高まっています。治療は、主に椎間板を切除する手術でおこなわれていますが、レーザーで椎間板に穴を開けるという方法でもおこなわれています。また、神経ブロック注射と腰の牽引による温存療法にも人気があります。

Read More

筋力の向上と体重の減少

自然治癒することがない腰部脊柱管狭窄症は、病院に行って治すしかありません。放置していると症状が進行するのですぐに治療しましょう。

運動が推進されます

先生

腰部の疾患の中で、中高年以上に多発する疾患が、腰部脊柱管狭窄症になります。 なぜ腰部脊柱管狭窄症が、中高年に多発するのかと申しますと、加齢による変化が基盤となるからです。 例えば、脊柱管内に骨棘が出来てくることや、椎間板の弾力性の低下などが、これに当たります。 こうした加齢による変化は、防ぐことのできない面と、ある程度予防することが出来る面があります。 すなわち、努力によって介入して予防できる可能性が、具体的に見えているのです。 そこで、出来るだけの予防法を実践することが必要なのですが、なかでも効果が高いのが運動です。 運動を行うことは、筋力を維持向上させることになって、脊柱に加わる力を軽減することに繋がります。 したがって、今後は中高年の腰部脊柱管狭窄症の予防に、運動が推進される見込みです。

同時に効果があります

また、運動をすることは、体重を減少させることにもなりまして、結果としてさまざまな波及効果があります。 中高年になりますと、それまであまり太っていなかったやせ形の人でも、太りやすくなります。 その原因は、加齢による基礎代謝の低下が背景になっているのです。 特に男性は、内臓脂肪型の肥満が増加するので、腰への負担が増すのです。 ところが、体重が減少すると腰への負担が軽減しますので、腰部脊柱管狭窄症の症状も和らぎます。 さらに、体重が減少することは、いわゆる生活習慣病の改善にも繋がります。 例えば、体重が減少するということで、高血圧や高脂血症などは、大きな成果が期待できるのです。 したがって、運動による体重減少は、さまざまな疾患に同時に効果があるのです。

早めに治療をすることで、身体に負担を与えないのががん治療です。また、技術力も大切となるのでこちらのクリニックに依頼しましょう。

原因や治療方法

先生

ヘルニアは、日常生活での体の負担が原因となっていることが多いです。昨今では、発症する人も、体への負担が少ない治療法も、増えてきています。椎間板ヘルニアは牽引やレーザーで、鼠径ヘルニアは筋膜を塞ぐ方法で、治療がおこなわれています。いずれも早めに治療を受けることが大事とされています。

Read More

腰痛治療を考えます

先生

ヘルニア手術を行うための技術や知識だけではなく、手際の良さが名医に共通しています。名医によるヘルニア手術を受ければ、再発率を抑えた治療を安心して受けることが出来ます。技術開発の影響で、全国的に利用できる病院が増えています。

Read More